ごちゃまぜブログ

芸能、時事、イベント、スポーツに関する役立つ情報や会話のネタになるを書いているブログ!

*

ホテルの婚活パーティーにふさわしい服装って?

      2015/12/01

婚活中の男女が一度にたくさん集まるイベント「婚活パーティー」。大勢の異性に出会える場所として大変人気があり、婚活パーティーだけを専門に開催しているイベント会社も年々増え続けています。

婚活パーティーの開催場所は、豪華な一流ホテルから小規模なイベントスペースまで様々。特に大手の婚活サポート会社では、一流ホテルのパーティーに人気が集まるようです。

ホテルで開催される婚活パーティーでは、服装も略礼装と呼ばれるきちんとした装いが求められます。また、食事のスタイルも立食形式か着席形式かに分かれているため、いろいろな相手と会話できる場合と、特定の相手とじっくり会話できる場合とがあり、それぞれにメリットが異なります。

かしこまった場は苦手という人もいるかもしれませんが、本格的なパーティーに参加する人たちは、それだけ結婚への熱意があるということ。変に気後れするよりも、積極的に楽しむ方が出会いのチャンスも必ず広がるはずです。

ホテルのパーティーではこんな服装がNG

konnkatung
ちゃんとしたホテルの会場で催されるパーティーであれば、参加者もそれなりの服装をしなくてはなりません。一番のNGポイントは「カジュアルすぎること」。男性の場合、デニムもデザインやコーディネートによっては上品な装いになりますが、ホテルのパーティーでは避けるのが常識です。

同様にカジュアルすぎることでNGとされているのが、女性のサンダルやミュール。夏の時期に参加するパーティーではコーディネートについ選んでしまいたくなりますが、フォーマルな場所には不似合いのアイテムだと言えます。

また、派手な色や柄、過度な露出にも注意が必要です。特に女性のファッションには、肩や腕、太ももなどを大胆に露出したデザインのアイテムが少なくありません。しかし、このような服装はホテルでは控えるべき。人目を引くことはあっても、常識のない人だと思われてしまいます。

そして、基本的なポイントで忘れてはいけないのが「清潔感」。選んだアイテムそのものに問題がなくても、シワが寄っていたり、汚れが付着していては台無しです。洋服は事前にクリーニングに出し、靴もしっかり磨いておくよう心がけましょう。

パーティーにふさわしいおすすめのコーディネート

男性には一年を通して、やはりスーツが一番おすすめです。ただし、スーツにも流行のスタイルがありますので、古いスーツしか持っていないという人は婚活用に新調するのもよいでしょう。紺やグレーのスーツは硬すぎず、パーティーにもふさわしいと言えます。

201205182


052


また、シャツは白が定番ですが、薄いブルーやピンク、細いストライプなどのシャツを合わせると、雰囲気がだいぶ変わります。


女性の場合はワンピースかツーピースがおすすめ。控えめで上品な色のもの、スカート丈が短すぎないものを選びましょう。

また、同じワンピースでもジャケットやボレロの合わせ方で、それぞれの季節に対応することは可能です。ワンピースが華やかなデザインの時は黒や紺のトップスを、控えめなデザインの時は白やクリーム色のトップスを合わせるのもよいでしょう。

 

ワンランク上のお洒落なパーティー

関連記事
オタク向けの婚活パーティーはどんな服装がいい?
婚活バーベキューに参加する時の服装
婚活女性におすすめの冬の服装
婚活女性におすすめの夏の服装

スポンサーリンク

  関連記事

渋滞イライラ
渋滞時のイライラを解消!ヒマな車内での過ごし方!

せっかく遊びに出かけたのに、渋滞にはまってイライラしたという経験のある人は多いは …

婚活夏服装
婚活女性におすすめの夏の服装

日本のように湿気の多い夏を迎える国では、できるだけ涼しく風通しの良い服を選びたい …

バーベキュー婚活
婚活バーベキューに参加する時の服装

着飾った装いで集まる婚活パーティーでは、相手の普段の素顔がなかなか分からないと感 …

otakukonnkatu
オタク向けの婚活パーティーはどんな服装がいい?

夫婦で同じ趣味を持っていると、それだけで普段の会話が弾んだり、休日の過ごし方が楽 …

婚活女性服装
婚活女性におすすめの冬の服装

婚活ってどんな出会いがあるかドキドキしますよね。 理想の男性に出会えるのか、他の …

スポンサーリンク

アドセンス

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>