ごちゃまぜブログ

芸能、時事、イベント、スポーツに関する役立つ情報や会話のネタになるを書いているブログ!

*

ネッテラーに2万円入金しておいて出金したら約1万2千円になった話

   

FX好きなら、ハイローオーストラリアなどのバイナリーオプションに興味があるのではないでしょうか?

ハイローオーストラリアは、指定時間の価格より「高いか、安いか」を当てるだけの単純な取引で、為替相場が膠着している時などは、FXよりも簡単に稼げたりします。

そんなバイナリーオプションですが、国内では投機性が高いということから規制が入り稼ぎにくくなっています。
一方、海外の業者は業者によってサービス内容が異なり、稼ぎやすいところもあります。

yjimage

「それなら海外業者でバイナリーオプションの取引をしよう」となる訳ですが、海外FX業者は国内の金融機関と繋がっていないので、ネッテラーという海外決済機関に口座を開くことが一般的です。

僕も海外のバイナリーオプションに興味があり、ネッテラーに2万円を入金したのですが、なんと出金する時に約1万2千円になってしまいました。

ネッテラーに入金しても本当に出金できるの?手数料は?

と心配なあなた、僕と同じような目にあわないように参考にしてください。

スポンサーリンク

日本のサービスレベルは特別、海外は・・・

入出金の話をする前に、海外で取引をすること(海外のサービスを受ける)について少しお話します。

よく、海外に旅行に行って戻ってきた人が「日本のサービスは特別」と言います。
旅行先で、適当な対応しかしてもらえずに思った率直な感想だと思います。

これは、海外FX業者やバイナリーオプションの業者、そしてネッテラーにもあてはまります。

海外の業者は「大ざっぱ」です。中には無茶苦茶なところもあります。

海外のサービスを使う以上、日本と同等のサービスは受けられないと心得ましょう。

口座維持費、手数料に気をつけろ!!

僕の2万円がなぜ1万2千円ぐらいになったかというと、口座維持費と出金手数料です。

まず、ネッテラーに入金したのが2014/6/24。

それから放置していたので、2015/9/21に「休眠口座管理手数料の引き出しの調整」で3,611円差し引かれてしまいました。

高っ!!

日本だったら今時、口座管理費を取るところは無いのですが、やっぱり海外は違いますねぇ。

1ヵ月前に下記のようなメールが1通だけくるのですが、さすがにチェックできません。

そして、残りの16,389円を慌てて地方銀行の口座に出金したのですが、下記の流れで手数料を取られまくりましたToT

■ネッテラー

↓ 出金手数料 1,400円

■三菱東京UFJ銀行

↓ 出金手数料 1,750円

■地方銀行

↓ 出金手数料 1,000円

自分

まとめ

入金 20,000円
口座管理手数料 3,611円
出金手数料合計 4,150円
残り 12,239円

事前にネッテラーのオペレーターに電話して「手数料はかからない」と確認していたのにも関わらず、このありさまです。

今回は、本当に高い授業料でした。
海外のサービスを使う際は、日本と同等の質を求めず、「何が起きても自己責任」という覚悟で利用したほうがよさそうです。

スポンサーリンク

  関連記事

関連記事はありませんでした

スポンサーリンク

アドセンス

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>